8月5日に始まった今年のむれ源平石あかりロード(以下、石あかりロードと称す)は、9月16日に終了しました。43日間にわたる長期のイベントでした。最終日の9月16日は台風接近に伴うあいにくの雨のため、ボランティア活動も途中で切上げになりましたが、学生たちは撤収までしっかりと活動していました。
今年の石あかりロードは、テーマである“夢”を表した企画展示「ゆめのたね~みんなで灯そうゆめあかり~」、石彫、森岡量基の「立体曼荼羅」、石の里のアーティストたちの作品を中心に約200点の作品が展示されました。

このような中で、今年もボランティア活動は、お盆の土曜日を除く6回の土曜日に行われました。高松大学からは経営学部の学生62名が参加しました。学生たちは毎土曜日に、多い時には30名近い学生が、1㎞にわたる旧庵治街道南側の「ことでん八栗駅前」、中央部の「洲崎寺前の本部」、北側の「ロードハウス付近」に分かれて活動に参加し、会場の設営、ロードマップやうちわの配布、スタンプラリーの実施、会場やイベントの案内、駐車場の案内、縁日の支援などを行いました。

 


更に、9月2日の源平デーでは、マスコットキャラクター“与一君”のパフォーマンスも担当し、子供たちに大人気でした。

 

また、女子学生が担当したホームページでは、今までのインタビュ-とは異なる新しい試みとして、インスタグラムも活用して、石あかりロードの雰囲気を伝えるコンテンツ作りを行っています。
期間中の来場者数は、最終日が雨であったこともあって、例年よりやや少ないとはいうものの7万人を超える見込みです。
今回の活動を見ていると、最初はぎこちなかった声掛けも時間とともに上達した初参加の学生、駐車場の案内で相手を不機嫌にしてしまったが期間の終り頃には下級生を指導するまでに成長した2年生、テーブルの組み立てや配列を他の学生に教えながら手早く会場設営をまとめていた3年生、スーパーボール救いやスタンプラリーで子供たちにすっかり慕われた女子学生などなど、夫々が大きく成長した姿を見せてくれました。
石あかりロードのボランティア活動には多くの学生が参加します。活動を通じて得られた様々な成果を今後の学生生活に活かしてもらえれば、と願っています。(末包 昭彦)

ウクレレええど2017

| 学外 |

9月10日(日)11:00より、ウクレレええど2017が丸亀町商店街の中央ドームで開催されました。

ウクレレええどとは、東日本大震災をきっかけに香川県内のウクレレプレイヤーを中心に、開催されているチャリティイベントです。参加者は、ウクレレのプロだったり、ただの愛好家だったり、フラだったり、さまざまです。ウクレレの演奏やフラダンスなど明るく楽しいイベントでした。

最近、震災の話題は3月11日前後は盛んにありますが、それ以降はあまりないのが現状です。まだまだ仮設住宅に暮らす人が多く、集まった義捐金は、ウクレレサポート協会を通じて被災地に寄付をしたり、ウクレレを贈ったりしています。

高松大学は、イベントのライブ中継を担当しています。今年は、途中で映像が途切れたり、音声が聞こえなかったり、トラブルが発生して大変でした。

イベントは「すべての被災者が仮設住宅から出ることができるまで」を目標に来年以降も続きます。9月の第2日曜日(予定)に行われるので、皆さんも来てください。(山口 直木)

ウクレレええどのホームページです。(facebook内にあります。)
https://www.facebook.com/ukuleleAID/

高松大学では、地域の皆様の生涯学習の取り組みに貢献しようと、様々な公開講座を開いています。

写真は、私が担当している公開講座「Excel入門」の様子で、初めてExcelに触れるという方々を対象としている3日間の講座です。Excelの初歩的な機能や操作方法からスタートして、グラフの作成や関数の利用を体験し、名簿などのデータ管理の基礎を学びます。

 

10月からは90分×7回の構成で公開講座「パソコン音楽工房入門」を開講します。パソコンでの音楽の制作や音声の加工に挑戦するほか、音声データのデジタル化の仕組みに触れます。ピアノが演奏できる方はもちろん大歓迎ですし、ピアノが演奏できない方も大歓迎です。ただし、この講座はピアノが弾けるようになる講座ではないので、ご注意ください。(浮穴 学慈)

簿記検定直前対策講座

| 未分類 |

暑さも一段落し、朝夕は凌ぎやすくなってきました。みなさんは、この夏いかがお過ごしでしょうか?友達と遊びに行ったり、帰省したり、勉学に励んだり・・・と様々だと思います。私は学会やセミナー参加等で外出の多い8月となりました。先生方のご報告から学ぶことが多くあり、今後の教育・研究に活かしていけたらと思っています。

さて今回は、11月19日(日)に実施される日商簿記検定試験3級の受験を考えている方へのお知らせです。今年もやります、簿記検定直前対策講座。外部の講師の方を招請して、10月中旬から1コマ90分の講義を全10コマで開講予定です。直前対策ですので、3級の範囲の学習が一通り終わっていることを前提に、過去問の答練を中心とした授業構成となっています。みなさんの費用負担はテキスト代のみです。ぜひ、試験対策の総仕上げとしてこの機会を利用してください。講座の開催日時・場所、受講料、申し込み方法等の詳細については、後日、掲示等でお知らせします。

11月19日(日)の日商簿記検定試験についてですが、学内申込期間は10月2日(月)~5日(木)各日16時まで、申込受付はキャリア支援課窓口で行っています。
勉強していて分からない点があれば、お気軽に質問に来てくださいね。お待ちしています。
夏の疲れが出る頃ですので、みなさん、体調管理には十分注意して、残りの休暇を楽しく過ごしてくださいね。
(松田有加里)

今回の経営学部ブログでは、8月19日(土)に行われた第5回オープンキャンパスについて説明したいと思います。

経営学部の体験学習では、まず、経営学部経営学科の井藤正信先生より、「経営学は金儲けの学問ではないよ」というタイトルで報告が行われました。
経営学は、他の学問、とりわけ経済学より、「金儲け論」と批判された歴史があります。しかしながら、経営学の本質は、お金儲けだけではない、という報告でした。その後で、「むれ源平石あかりロード ~地場産業と地域の歴史を活かしたまちづくり型観光~」というタイトルで、本年度に入学した3人の学生から、むれ源平石あかりロードについて説明が行われました。現在開催中のむれ源平石あかりロードで、どのようなボランティア活動が行われているのか、そして、このイベントがどのようにまちづくりに生かされているのかが、分かりやすくプレゼンテーション報告されました。

当日は、天候にも恵まれ、経営学部だけでも高校生と保護者併せて100名近くが参加されました。今回のオープンキャンパスで、少しでも大学生活や大学で勉強することについて、高校生や保護者の方々に理解してもらえたら幸いです。

次回の第6回のオープンキャンパスは、9月16日(土)に予定しています。
興味のある方、是非参加してくださいね!(岡本丈彦)

7月14日(金)、本学留学生と「高松教養大学」の受講生たちの交流会が開かれました。この交流会は地域連携センター長の溝渕先生の発案で実現したもので、今回が2回目です。
最近、香川県を訪れる外国人観光客の急増が注目されていますが、留学や仕事などで長期滞在する在県外国人たちからは、「日本人と話す機会が少ない」とか「日本人の友だちができない」、はたまた「日本人は冷たい」といった、我々には少し耳の痛い声が聞こえてきます。
そこで、留学生が地域住民と交流できるきっかけをつくろうと、「高松教養大学」に通っている日本人のみなさんに呼びかけ、本学の留学生が日本人と気軽に話ができる場を作ることにしました。今回は経営学部1年~4年の留学生19人が参加しました。参加者の国籍は中国、韓国、ベトナム、インドネシア、それに日本の5カ国。共通言語はもちろん“日本語”です。
参加者の国籍、性別が偏らないように3つのグループに分かれて、それぞれ自己紹介をした後、さまざまな話題で盛り上がりました。留学生たちが、日本にきて驚いたことや自国の食文化、習慣などにについて語ると、日本人のみなさんが興味深そうに耳を傾けてくれたので、留学生たちも話しやすかったようです。なかには個人的な悩み事相談をする留学生もいました。
日本人からは「留学生たちが流暢な日本語を話すのでびっくりした」「若いのにしっかりした考えを持っている」など、留学生からは「自国と日本、それに他の国との違いを知ることができて勉強になった」「女子会みたいで楽しかった」などの感想が寄せられました。
留学生が多国籍化したことで、「留学生と日本人の交流」というよりも、「多文化交流」の色が強かったですが、参加者にとってはそのほうが魅力的だったようです。大学にいながらにして、いろいろな国の人たちとの会話を楽しめ、知的好奇心を満たしてくれる、楽しい交流会でした。
みなさん、キャンパス内で留学生を見かけたら気軽に声をかけてくださいね。もちろん“日本語”で!
(稲井富赴代)

「真夏の夜の夢」

| 未分類 |

一般社団法人街角に音楽を@香川の主催で、香川ウォーターフロントフェスティバルが今年も開催されるので、今回ご紹介したいと思います。
7/22(土)~8/6(日)の毎日17:00~21:00にサンポート高松で開催される「SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2017」。音楽、食、大道芸の素晴らしいコラボレーションです。http://setouchi2017.com/
真夏の夜の夢のステージ&大道芸アテンドと、フランスのパフォーマー「カンパニー・デ・キダム」のアテンドなど、今年のキーワードは「2017年夏、一生忘れぬ瀬戸内に出会う!」。
地元の方はもちろん県外や海外の方にもぜひ見ていただきたいイベントです。(森享子) 

Sanuki Food market
今年も素晴らしい地元の名店が勢ぞろいします。地元食材を使った、イタリアン、フレンチ、中華、和食、スイーツまで、香川の「美味しい!」を味わえます。

 

ミュージッククルーズ
http://setouchi2017.com/music-cruise

http://setouchi2017.com/music-cruise/order
 

「カンパニー・デ・キダム 2つの光の物語」
http://setouchi2017.com/quidams
7/22(SAT)~8/6(SUN) 1日2公演(約30分予定)
キダムの2つの作品が揃うのは日本初です!
会場/サンポート高松 アート広場(マップ:アイコンB)

Reve d’Herbert~ハーバートの夢~
7/22(土)~7/29(土)
彼らの大ヒット作品として世界各国で公演されています。また、アートフェスティバルや、さまざまなスポーツイベントでも開催されています。
未知のイメージへの驚き、あたたかな交流の喜び、笑い、友情、なつかしさ、祈りなど…音楽や照明とともに様々な想像と感動を届ける夢のエンターテイメントです。
2015年高松に2体お目見えし、多くの人々を魅了しましたが、4体のスケール感はさらに複雑なパフォーマンス展開で大きな魅力となるでしょう。

 FierS a Cheval~誇り高き馬~
7/30(日)~8/6(日)
最近のカンパニーの大ヒット作として世界各国で公演されています。
奇妙な白い衣装のパフォーマーが宇宙的なシンフォニーやいななきとともに光り輝く馬に変化します。リングマスターが彼らを操り様々な場面が展開されていき、人々と戯れたりダンスをしたりします。
平和と純真さ、魂をシンボライズした白く光り輝く馬たちとリングマスターの幻想的なパフォーマンス。
アート広場にて初めて出会う夢の風景が紡がれます。心に残る瀬戸内に出会ってください。

リズムペイント
http://setouchi2017.com/cast01

 

サーカスエンターテイメント
http://setouchi2017.com/cast02

 

日程/2017.7/22(土)~8/6(日)
時間/17:00~21:00
会場/サンポート高松(入場無料)

真夏の夜の夢http://setouchi2017.com/carnival
カンパニー・デ・キダム 2つの光の物語http://setouchi2017.com/quidams

オープンキャンパスの担当(当番)は当方の場合、年間1、2回あるのですが、5月の模擬講義のお題が「先生のお宝拝見-商品にみるビジネスチャンス」ということで、当方は「食玩としての鉄道コレクション」というタイトルで講義を行いました。平成25年以来、久々にこの内容で行ったのですが、話の流れは、「食玩」とは(食品のオマケとして付いていた)各種のフィギュア類で、ブラインドパッケージ方式の販売方法を採るものが多く、コレクターが懸命にコンプリートを目指すこと、「鉄道コレクション」とは㈱トミーテックから発売されている鉄道車両のディスプレイモデルで、鉄道模型Nゲージに準拠した規格で作られており、別売パーツを追加・交換することにより、Nゲージの線路上を走行させることができることなど、これらを一通り説明した後で、「あなたなら、この分野について、どんなビジネスチャンスを見出しますか?」と来学生徒に水を向けるというものです。 

講義に先立ち、内容をアップデートする作業と、「現物」である(A3トランク内に作った)レイアウト(車両の走行が可能な情景模型)を引っ張り出し、整備に取りかかったのですが、アップデートのためにいろいろ調べていくと、鉄道コレクションの価格が高騰しているのに驚きました。平成17年に発売された第1弾では1コ\400であったものが、第5弾では\600、第15弾では\800となっています。それが平成27年の第22弾ではとうとう¥1,200になりました。これは主に中国の労働賃金が近年徐々に上がっていったことに起因するものでしょうが、この間、売れ行きがどのように変化しているのかなど、大いに興味をそそられますね。

また、いつのまにか(正確には平成21年から)、「全国高等学校鉄道模型コンテスト」なるものまで開催されていました。これは高校生向けの、レイアウト表現技法を競うコンテストで、鉄道模型関連のクラブのみならず、美術部とか歴史・地理部とかの参戦もあります。さらに女子校も参加しており、後援には文部科学省も名を連ねています。言わば高校野球における「甲子園」のような檜舞台で、このような場を設定することで鉄道模型趣味の裾野の拡大を狙い、それが定着しつつあるところなのでしょう。

このような追い風の状況に少々気をよくして、5月20日(土)のオープンキャンパスでの講義に臨んだのですが、20名余りいた来学生徒はほとんどが当方の話に興味を示さず、拍子抜けしてしまいました。以前には大いに食いつきがよく、トランクレイアウトを披露すると、「癒される...」との感想を述べる生徒までいる状況だったのですが、この状況には当方も内心、大いに驚いてしまいました。当方の講義は、確かに、男女ともマニア気質(何かにハマる傾向)がある生徒には大いに受けるのですが、そのような気質のない生徒にはまるで面白味を見いだせないのです。そこで、この現象はたまたまこの回だけのことなのか、それとも本学部を志望する大半の生徒の気質がここに来て変わってきているのかなどなど、マーケティングの観点からマジメに考えないといけないようです...。(正岡利朗)

「私のオススメ番組」

| 未分類 |

みなさんは2001年から2004年の間に放映されていた『マネーの虎』という番組を知っていますか?志願者が起業をするために“マネーの虎”と呼ばれる社長たちに対して事業計画をプレゼンテーションし、その企画に対して投資を求めるという番組です。

現在テレビでの放送は終了していますが、この番組では、飲食店をはじめスポーツ教室やペット用品販売、家具屋など様々な分野の志願者がでてきます。その中での志願者と社長たちのやりとりは大変勉強になります。志願者のプレゼンテーションの内容はもちろんですが、社長たちの厳しい質問に対する的確で冷静な答え方など、改めてプレゼンテーションの難しさを感じます。

この番組の中で数少ない投資を勝ち取った志願者には、いくつかの共通点があることに気づきました。まず、誰もが納得する事業計画をプレゼンテーションすることです。そして、プレゼンテーションがたとえ不十分でも、志願者に高度な技術があり、美味しい物あるいは良いものを作ることができることです。

しかし、投資を勝ち取った志願者の中にも、現在まで企業を存続させている真の成功者もいれば数年で潰してしまった人もいます。真の成功者とは、”常に顧客のことを考える”や”地域に貢献する”などの利益よりも誰かのために頑張ることができる人のことだと思います。常に相手の立場になって物事を考え行動することができれば、そこには同じような人が集まり、周囲の人から応援される店舗になって、長く存続させることができるのではないでしょうか。ビジネスの世界だけでなくどの分野・職種においても、自分より相手のことを優先して考えられる人が集まれば、どのような困難な目標も達成できるはずです。私もこのことを自分の仕事に生かしていきたいと思います。

『マネーの虎』をぜひお試しください!(花城清紀)

大洲高校での模擬授業

| 未分類 |

6月17日愛媛県立大洲高等学校で模擬授業を行いました。高松から高校までは約200km、高速道路を走って3時間近い距離にあります。集合時間が9時だったので、余裕をもって5時に家を出ました。天気は良く快適でした。朝が早かったので途中でひと眠りしましたが、8時過ぎには高校に到着しました。時間が早かったので大洲城を訪れましたが、一級河川肱川の河岸にそびえ立つお城は雄大で絵になります。朝の散策には恰好の場所でした。
大洲高校は、中江藤樹邸址に明治34年4月愛媛県立宇和島中学校大洲分校として設置され、平成12年には創立100周年を迎えた歴史ある高校です。生徒は、中江藤樹邸址校(屋敷のあった址にある学校)生徒としての自覚を持ち、藤樹精神の「知行合一(ちこうごういつ)」を伝統的教条とした校風の中で「自立、錬磨、創造」を合い言葉に自己の向上に努めています(学校公式サイトより抜粋)。この藤樹精神は高校の指導目標や校歌にも見られ、これをバックボーンとする校風づくりが長い年月をかけて行われてきました。この中江藤樹は、江戸時代初期の著名な儒学者であり、少年時代から青年時代を大洲で過ごして勉学に励んでいました。27歳の時、生まれ故郷の近江国(滋賀県)に戻って熊沢蕃山など多くの門人を育て、「近江聖人」として人々から称えられました。また「日本陽明学の祖」とも呼ばれています。
授業は、大学での講義の一部を「コンビニの発展と経営戦略」と題して、10名の生徒を対象に2回に分けて行いましたが、全員が和やかさの中にも興味を持って受講してくれました。おかげで生徒とのやりとりも弾み、大変楽しい授業になりました。また、廊下などですれ違った生徒は、全員が明るく大きな声で挨拶をしてくれ、高校生らしいすがすがしさを感じました。中江藤樹の住居を復元した「至徳堂」の場所を訪ねた時は、二人の女生徒が案内までしてくれました。あらためて歴史の重さを感じるとともに、伝統校の持つ素晴らしさを感じた貴重な一時となりました。(末包昭彦)

葉っぱのつぶやき

経営学部教員が日々の取組みについて、ちょこっとつぶやく、ブログっぽいコンテンツです。
たぬきの葉っぱがお金に変わるようにと、一生懸命頑張っています。
週1回(金曜日)の更新を目標にしていますので、また見に来てね。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

リンク