高松丸亀町商店街は、中心市街地活性化と地方都市再生の成功例と言われ、全国から多くの人が見学に訪れています。大学でも教養科目の中に3年生を対象に「総合科目」を設け、その中で高松丸亀町商店街振興組合理事長、古川康造氏をお招きし、「向こう100年を見据えて」と題してお話を伺っています。このように、講義では紹介するのですが、地域活性化という視点で見学する機会は、中々ありませんでした。そこで、経営学部の1年生の一部の学生を対象に、ゼミ活動を利用して丸亀町商店街の研修を計画しました。自分の目で見て、自分の頭で考えて理解して欲しかったのです。
教育は、2回に分けて計画しました。1回目は11月15日、2回目は12月6日です。学生はウイリアムズゼミと末包ゼミの1年生19名です。1回目は、パワーポイントで全般的なことを説明したのち、商店街の概要、再開発の状況、研修してみたい場所等をネットで調べさせて、レポートを作成させました。研修のための準備です。2回目は、現地に出かけて、A~G街区別の店舗(通りに面した1階に限定)を調査し、店舗数と業種を、日本標準産業分類の項目に従って記入させました。

調査はG街区からA街区に向けて、西側をウイリアムズゼミ、東側を末包ゼミの学生が行いました。学生が、調査にどの程度興味を示すか不安だったのですが、自分たちが事前に調べていたこともあり、予想以上に関心をもって楽しそうに調査していました。店舗は個人の判断で分類したこともあり、データにややバラツキが見られましたが、次のようになりました。店舗数は東側と西側を合わせて約110店舗、その内の70~80%が小売業で、西側がやや多くなっていました。また小売店で扱っている商品は、婦人・子供服を中心とした身の回り品等の割合が多く、西側では小売店の約2/3を、東側では約半数を占めていました。学生は、婦人・子供服を扱う店舗が多く、ファッション性も高いことに驚いていました。

学生の感想は、「全体に女性をターゲットにした婦人服が多い」「おしゃれな街」「商店街がきれい」「若者が多く活気がある」「A~Gの各街区の特徴が出ていて楽しい」「もっと多くの人が楽しめる店を作ってほしい」「マルシェが地域に密着している」「シャッターの閉まった店がなかった」「さらに、詳しく調べてみたい」などなどでした。現地に出かけて調査し、それぞれが講義では得られない何かを感じてくれたようです。
(末包 昭彦)

寒い冬

| 未分類 |

今週に入り、寒い日が続いています。
福井県では、1000台以上の車が雪で立ち往生をするなど、
何十年ぶりの寒さのようです。

高松でもものすごく寒くというか、痛いというか、経験したことがないような冬です。
大学でも人に会うと「今年は寒いね」とか、新任の教員からは
「香川ってこんなに寒いとは思わなかった」など寒いという話題が多いです。
そんな中、火曜日にふと気がつくと、外が雪景色。ほんの30分前にはなんともなかったのですが、
真っ白な景色へと変わっていました。
少し、室内で用事をしていただけで外の景色が変化していて驚きました。

まだまだ、寒い季節は続きます。また、インフルエンザも流行中です。
暖かくしてすごしましょう。
写真は、学内の中庭から取ったものです。とても寒そうです。(山口 直木)

 

全国的に厳しい寒さが続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?後期授業もあと少し、期末試験が終われば楽しい春休みが待っていますね。悔いなく春休みを迎えられるよう、計画を立てて試験勉強に取り組んでください。
さて今回は、2月25日(日)に実施される日商簿記検定試験3級を受験予定の方へ、検定対策講座のお知らせです。2月14日(水)~2月20日(火)、外部の講師の方をお招きして、1コマ90分の講義を全10コマで開講します。みなさんの費用負担はテキスト代のみで、受講料はなんと無料です。過去問の演習を中心とした授業構成となっていますので、試験直前期にたくさん問題を解き、しっかり力をつけて本番に臨むことができますよ。申し込み締め切りは2月2日(金)16時です。
講座の開催時間・場所、申し込み方法等の詳細については、キャリア支援課前の掲示や、授業等で配布された実施要項を確認しておいてください。勉強していて分からない点があれば、お気軽に質問に来てくださいね。
(松田 有加里)

新年明けましておめでとうございます。
皆さんはどのようにお正月を過ごしましたか?
2018年最初の投稿です。
少し遅くなりましたが、言い訳をすると先週から体調を崩していたということもあります。

今年は年初より例年になく寒く、今週末もこの寒さが続くみたいです。
週末は、受験生の皆さんもセンター試験を控えていると思いますが、大学教員も試験監督という重要な仕事があります。
そのためにも体調を万全にして当日を迎えたいと思います。
受験生の皆さんも頑張ってください。(山口 直木)

12月イベント

| 未分類 |

今日から12月ですね。

12月は師走といって、とても忙しい季節。
行事やイベントも盛りだくさんです。

いったいどんな行事があるのでしょうか?
12月の行事、慣習、イベントをまとめてみました。知っているものがいくつありますか?

12月の行事
1日   映画の日    日本で初めて一般に映画が公開された日
8日   針供養     2月8日にも行われるが、関西では12月8日に行われる事が多いです。
             針に感謝し、針を供養する儀式で柔らかいコンニャクや豆腐に折れた
             針や曲がって使えなくなった針を刺し供養します。
12日   漢字の日    「いい字一字」の語呂合わせ。今年の世相を象徴する1字を「今年の
             漢字」として清水寺で発表します。
14日   忠臣蔵の日   赤穂浪士が討ち入りを果たした日。この日に合わせて忠臣蔵のドラマ
             や映画が見られることが多い。
22日頃  冬至      一年の間で最も昼が短く夜が長い日です。この日にかぼちゃや小豆粥
             を食べると寒い冬を健康に過ごせると言われています。地域によって
             はお風呂に柚子を入れて温まります。
23日   天皇誕生日   現在の天皇陛下のお誕生日。もしかすると「平成の日」になるのでしょ
             うか。ちなみに皇太子様のお誕生日は2月23日
24日   クリスマスイブ イエス・キリストの誕生の前日。24日の夜や聖夜と呼ばれる。この夜に
             良い子にしていた子にはサンタクロースが枕元にプレゼントを置いてく
             れる。
25日   クリスマス   イエス・キリストの生誕を祝う日。家族ですごしたり、プレゼントを交
             換したり、パーティーを開き盛大に楽しむ。
29日   仕事納め    金曜日が仕事納めのところが多いのではないでしょうか。
29~31日 冬コミ     冬に行われるコミックマーケット。世界最大といわれる同人誌即売会。
             夏にもあります。
31日   大晦日     一年で最後の日。細く長く生きられるようにと願いを込めて年越しそば
             を食べます。
31日   紅白歌合戦   NHKの歌番組で大晦日の夜に放送される。最近は見る人も少なくなっ
             てきました。
(年間行事カレンダー参照http://nennkanngyouzi.blogspot.jp/p/blog-page_23.html

これ以外にも、忘年会、お歳暮、年賀はがき、大掃除、冬休み・・・などがあります。

高松大学の皆さんは、どんなふうに過ごしますか??
アルバイトで忙しい方もいるかもしれませんね。県外からきている学生は、実家に帰って地元の友人と遊んだりするのでしょうか…。

学生の皆さんにとっては、何と言っても12月と言えば、クリスマスが大きなイベントだと思います。23日から冬休みに入りますね。
今年のクリスマスは誰と過ごしますか?

(カレットライト参照http://first-rg.net/december-to-ieba/#12

世界の多くの国々では、クリスマスを家族で過ごすのが一般的です。DIMSDRIVEが4312人に行ったアンケートによれば、25.4%が「クリスマスは恋人たちのもの」という印象を抱いていることが分かります。およそ4人に1人です。
DIMSDRIVEのアンケートによれば、まず前提として、クリスマスの予定を「まだ何も決めていない、特に何もしない」の回答が全体に52.2%と過半数に上りました。
さらに誰かと過ごす予定の方の中でも、「クリスマスに恋人と過ごす予定がある」のは、全体の12.1%でした。
クリスマスに誰かと過ごさない人は大勢いる
誰か一緒に過ごす場合でも、恋人と過ごすのは少数派である

ということが分かります。
上記のアンケートは2006年のクリスマスを対象にしたアンケートです。
少し古いですが、現在も変わらないどころか、「新成人男性の82.3%に恋人がいない」というニュース記事が象徴するように、むしろ更に割合は低くなっているのではないかと推測します。

彼女がいなくても大丈夫! 
今年のクリスマスは、今から楽しい計画を立ててみませんか♪ 
家族と、恋人と、友人と、自分一人でも、行事やイベントに便乗して、素敵な冬休みを過ごしましょう♪♪
(森 享子)

第6回留学生同窓会

| 未分類 |

10月7日(日)、市内ホテルのレストランで留学生同窓会を開きました。2012年度に立ち上げた留学生同窓会も6回目を迎え、今回は15名の卒業生が参加してくれました。

この6年間で70名余りの留学生が卒業し、これまでに300名以上が高松大学を巣立って行きました。そのうち90名以上が日本で就職し、現在も73名が日本で暮らしています。

卒業生たちの状況も、この6年の間に様変わりしました。結婚した人あり。子どもが生まれた人あり。起業した人あり。永住権を取得した人あり。家を買った人あり。――みんな日本で生活の基盤をしっかり築いています。
この日は愛媛県から来てくれた人もいて、久しぶりの再会を喜びあいました。卒業以来はじめて会う人もいれば、毎年子どもを連れて参加してくれる人もいて、子どもの成長が見られるのも楽しみの一つになっています。
この数年、卒業生たちの間では出産ラッシュで、2人目の子どもが誕生した人もたくさんいます。高松大学の留学生たちは、香川県の企業のみならず、少子化対策にも貢献しているようです。
彼らはまた、翌週の大学祭にも子どもを連れて遊びに来てくれました。幸せそうな先輩たちを見て、きっと後輩たちも励まされたことでしょう。
これからも“先輩から後輩へ?”と、留学生の絆をしっかり結んでいってほしいと思います。(稲井富赴代)

インドネシアのJenderal Soedirman大学(以下UNSOED大学)との交流を開始して、本年で5年目です。UNSOED大学と本学は以下のような学術交流協定を結んでいます。A.学生の交流、教員の交流、B.共同研究および共同出版、C.研究会および学会の開催、D.学術資料およびその他情報の交換と広範囲なものです。
この協定に基づきいろいろな交流を行っています。まず、学生交流です。昨年はUNSOED大学から来た留学生2名が経営学部を卒業しました。卒業生のうち1名は本学大学院に進学し、もう1名は企業に就職しました。そして、現在はUNSOED大学から来た留学生4名が経営学部に所属しています。また、UNSOED大学学生に向けたSKYPEを活用した遠隔授業も3年前より行っています。これは主に日本の技術の現状や日本の文化を紹介するものです。その他、UNSOED大学学生が来日し、本学の授業に参加しての合同授業を行いました。

 

本学からは、2015年、2016年と経営学部学生が「海外研修」授業でUNSOED大学を訪問して共同で授業や企業調査を行っています。2016年の「海外研修」授業ではUNSOED大学学生とともにココナッツ・シュガーを製造する企業の調査を行ったり、合同で授業を受けたりしました。上の写真はその送別会の写真です。また、2015年には3年生の辻君がインドネシアの中学生約60名に対して「日本の文化」というタイトルで講演を行いました。本学3年生ヒルワさんの通訳が良かったこともあり、好評を博しました。下の写真は日本の茶道について説明しているところです。このように学生の交流は着々と進んでいます。

 

一方で教員の交流はあまり進んでいません。2015年にはUNSOED大学の先生が本学で特別講義を行いました。また、本学からは浮穴先生や私がUNSOED大学を訪問するたびに、講義を行った程度です。

 

例えば、上の写真はUNSOED大学農学部の先生約20名と農学部学生約100名に「日本のいちごビジネス」というタイトルで、甘くておいしく長持ちするイチゴを開発した経緯や、その努力によりイチゴビジネスが大きく発展している様子を紹介した時の記念写真です。 私の横にいるのが農学部長です。
また、今までに何回かビジネス経済学部の学生に対して、日本のサプライチェーン・システムの状況を、製販統合システムからERPシステムへさらにSCMシステムへ進化した歴史を紹介したのちに、SCMシステムの時代をユニクロのSCMシステムや 伊藤園のSCMシステムなど数多くの実例を含めて紹介してきました。
そこで、学生だけでなく教員の交流ももっと積極的に行おうということで交流5周年事業としてUNSOED大学よりビジネス経済学部長Dr. Suliyanto Sudarto Sanreja先生や国際学科長Dr. Agung Praptapa先生以下10名の教員と7名の学生を迎えて「International Japan Business & Culture Workshop」を開催しました。先生方は10月15日に来日しました。そこでKIXにて出迎え、大阪のホテルに移動したのち、大阪城を見学しました。16日は金閣寺と京都で一番有名で、京都を訪れた観光客の半分が見学する清水寺見学を企画しました。ところがインドネシアで一番有名な伏見稲荷も見学したいという意見が出て、急きょ3か所を見学し、夜遅く高松に帰着しました。17日はonline classに関する打ち合わせや経営学部授業の紹介を行った後、栗林公園を訪れ、日本庭園について勉強したのち、山田屋でさぬきうどんを堪能しました。その後、商店街再活性化に成功した丸亀町商店街を見学しました。この丸亀町商店街に関しては、事前にWorkshopでパワーポイントを用いた説明を行っておきました。18日はWorkshopの一環として、いろいろ討論を行うとともに、仏生山の法然寺を見学しました。インドネシアからの18人は全員がイスラム教徒のため、仏教のお寺を興味深く見学しました。この法然寺は江戸時代前期の寛文8年(1668年)に徳川光圀の実兄にあたる高松藩初代藩主松平頼重が、戦乱で荒れ果てていた生福寺を法然寺と改名して、香川郡百相郷(現在地)に3年の歳月をかけて移転・建立したお寺です。法然寺を建立した頼重は「水戸黄門」こと徳川光圀(とくがわみつくに)の兄であり、日本で初めて本格的な上下水道設備をつくった人物としても知られています。
また、法然寺背後の仏生山丘陵上を削平し「般若台」と呼ばれる松平家の墓所を設けて、高松松平家の菩提寺としたこともあって、有名なお寺です。境内にある三仏堂では涅槃図を再現した寝釈迦様がいらっしゃいます。 仁王門も立派で、迫力のある仁王様を 見ることができます。 最近できた五重の塔も綺麗です。このように多くの建物がある法然寺境内を細井住職や中川さんに丁寧に案内していただけました。細井住職から「質問はありますか」と問いかけると、「仏様はどのような顔をしていますか。」という質問が出て、さすが、「偶像崇拝の禁止」のイスラム教徒だなと思いました。その質問に対し、細井住職は「本当の顔はわかりません。仏師が仏典の中に書かれている人となりから想像した顔を彫っていて、それが現在では仏さまの顔とされています。」と外国人にも分かりやすい説明をしていただいたのが印象的でした。
このように今回のWorkshopはUNSOED大学の教職員には日本の文化や技術を理解してもらういい機会になりました。また、われわれも海外から見た日本を実感することができました。今後とも、教員交流も深めていき、お互いにより良い教育ができるようになりたいと思った1週間でした。(丸山 豊史)

2017大学祭

| 未分類 |

当正岡ゼミでは、「早押しクイズ大会」を実施しました。当ゼミはスポーツ経営コースの3、4年生ゼミなのですが、当日は主力のサッカー部員が試合のためおらず、当方が頑張るしかなかったのと、また、キャリア支援課の次長として、以前からクイズを就活の一環として使えないかと思っていたもので、試行を兼ねて、このようなイベント開催となったわけです。

そこで、企画を練って大学祭実行委員会にOKをもらい、9月末頃から実際の準備に取りかかりました。準備は、「PR用ポスター作成」、「問題作成(全150問)」、「問題の音声ファイル化」、「ルール説明文等の作成」、「問題消費確認、得点ボード(PC画面)の作成」、「案内貼り紙作成」、「名前ボード作成」、「出場者募集」などなど、多岐にわたります。これらを逐次要領よくこなしていったのですが、一番難航したのが「出場者募集」でした。まぁ、なんとか集まりはしたのですが...。

 ルールは、「(昔の番組の)クイズグランプリ」に準拠しており、問題ジャンルは、「スポーツ」、「芸能・音楽」、「文学・歴史」、「社会」、「科学」、「ノンセクション」の6つで、各ジャンルに10点から50点の5問、計30問を出題しています(全体の約7割が、キャリア相談室備え付けの就職試験問題集『時事&一般常識の完璧対策2018年度版』(日経HR編集部編)を出典としています)。音声で問題を出題し、早押し判定器で解答者を指名するという流れで進行させます。当方は、2台のPCを駆使して、司会、進行、得点入力、問題消費確認など、「ワンパーソンオペレーション」を実現しようと目論んでいたのですが、直前のリハーサルの際に、作業が錯綜し、進行のスピード感が著しく損なわれることが判明したため、得点入力、問題消費確認について、ゼミの留学生ツーハンさんの助けを借りることにして、これで円滑な実施が可能になりました。

大会は10月14日(土)が①秘書科学生大会、②経営学部教員大会、15日(日)が③経営学部学生大会、④一般大会と計4回開きました。それぞれの優勝者にはささやかながら賞品を振る舞いましたが、試行としては上々の首尾だったものの、観戦者がちょっと少なかったのが残念でした。まぁ、出場者同士では大いに盛り上がり、「機会があればまた参加したい!」との声も多数得られましたので、今後の展開をどうしようかと思案中です。なお、当方所有の(4人用)早押し判定器は貸し出しも可能ですので、「仲間内でクイズ大会を開きたい!」という方がおられましたら、遠慮なくお申し出ください。(正岡 利朗)

 

 

スポーツ経営コースの山下でございます。夏季休暇が終わり、いよいよ後期授業が始まりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。後期も宜しくお願いします。

ということで今回は、夏休みの山下ゼミナールの活動を振り返ってみたいと思います。

山下ゼミナールでは、研究を一生懸命頑張るのと同時に、楽しいこと、思い出づくりにも力を入れています。

ところで、夏といえば、海です。海といえば、BBQです。そして、それらは夏合宿ということになるでしょう。そこで山下ゼミナールでは、海もBBQも研究・勉強もいっぺんに全力でやろうということで有志による勉強合宿会を実施しました。

合宿当日は、合宿地である徳島県の月見ヶ丘海浜公園にお昼前には到着し、休むことなく、勉強会に突入しました。ちなみに、月見ヶ丘海浜公園は、海水浴場がすぐ隣にあり、会議室などの設備も整っていて勉強合宿に非常に適した施設です。

写真は熱心にディスカッションを行うゼミ生たちの様子です。勉強会では、事前にそれぞれが作成したレジュメについて報告してもらいました。レジュメの内容は、他大学の卒業論文の批判的検討、自分の卒業論文の問題意識と展望でした。勉強会は、お昼ご飯や小休憩をはさみながら、約5時間ぶっ通しで行われました。ゼミ生からは「こんなに勉強したのは始めて」と嬉しい悲鳴をいただくことができました。

 

さて、合宿の目的は勉強だけではありません。研究というとすごく個人的なもののように思われますが、実はゼミ生相互に協力しながら進めることが重要になります。ゼミ生同士、ゼミ生と教員の信頼関係を深めることも合宿の目的の1つでした。

ということで、合宿では1つ屋根の下で共同生活(?)です。写真は、私たちが宿泊したコテージです。勉強会から解放されて一安心。

 

夜はBBQを楽しみました。お互いのことを知り合うためには、自分たちの手で火をおこし、食材を準備し、それらを焼く、ということが必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。写真は、互いに手を取り合って、ピーマンとの格闘に苦心するゼミ生たち。ちなみに、一番料理ができるのは私でした。

 

BBQの様子は写真の通りです。大きなお肉の塊はテンションが上がりますね。みんなでしっかり食べて語らいました。

 

以上が少ないですが、山下ゼミナールの研究合宿の様子でした。計画した通り、合宿勉強会は、研究も進みますし、みんなの仲を深めることができますし、効果抜群でした。毎年、実施したいと思いますので、ぜひ来年をお楽しみに!(山下 博武)

私は、前期にインターンシップという授業に参加しました。参加した先の企業は、主に卸売を中心としている企業です。将来このような卸売や小売をしている企業に就職しようと考えている私にとって、非常に有意義な経験になりました。特に、マニュアルや数字などでは表すことのできない様々な細かい心配りが必要であることや、日々の成果を明確にし課題をクリアしていくことの大切さを学びました。この経験を今後の学生生活につなげ、就職活動にも生かしていきたいと思います。
大学生活の中でこのように仕事の現場を垣間見ることは、将来の自分を考えた時、とても大切な経験だと感じました。みなさん、インターンシップに是非、参加しましょう!!(スポーツ経営コース2年:美馬 光貴)

葉っぱのつぶやき

経営学部教員が日々の取組みについて、ちょこっとつぶやく、ブログっぽいコンテンツです。
たぬきの葉っぱがお金に変わるようにと、一生懸命頑張っています。
週1回(金曜日)の更新を目標にしていますので、また見に来てね。

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

リンク