HOME > 入試情報 > 募集要項 > 【短期大学】入学者受入れの方針・入学者選抜方針

高松短期大学 入学者受入れの方針・入学者選抜方針

本学の教育理念
本学では、建学の精神に基づき、1 対話に基づく豊かな人間教育 2 調和と主体性を培う教育 3 個性と創造性を伸長する教育 4 社会に即応できる実践能力を養成する教育 の4つの具体的な教育理念を定めています。
このうち、対話に基づく豊かな人間教育については、少人数での研究室活動をはじめ、学内の随所において対話が行える環境を整備することで、学生と教職員及び学生間のコミュニケーションを密にし、互いの信頼関係を築いています。また、社会に即応できる実践能力を伸ばすために、教養教育を重視するとともに、理論を学ぶだけでなく、実践的な演習や実習を重んじています。
保育学科では、1年生の後期から観察参加・実習を開始するほか、「子ども理解」や「保育学研究法」などの社会のニーズに応える今日的専門科目を開設し、充実した即戦力を養成します。
秘書科では、学んだことが実社会で生かせるよう、秘書実務のマナー実習を兼ねた「学外セミナー」などの体験型教育や検定試験対策を取り入れ、社会で幅広く活躍できる人材の育成を目指しています。

本学ではこのように、学生が生き生きと輝き、本学に入学したことに喜びを感じることのできる、学生のための学園の構築に努めています。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学では、本学が定めた「建学の精神」や「教育理念」「教育目標」に共感し、自らの可能性に向かって、失敗を恐れることなく何事にも果敢に挑戦し、日々努力を続けることができる学生の入学を期待しています。入学者には以下のことを求めます。

  • 高等学校等の教育課程を幅広く修得し、基礎的・基本的事項を身に付けている。
  • 高等学校等における各教科等の学習を通して、様々な人々とコミュニケーションを図るための基本的な態度・姿勢を身に付けている。
  • 様々な課題について自ら気づき、その解決を図ろうとする主体性と意欲がある。
  • 豊かな心を持ち、周囲の人と協調を図りながら物事に取り組もうとする態度・姿勢を身に付けている。
  • 学びたい学科で身に付ける知識や経験を、実社会において活かしていきたいという目的意識と意欲がある。

保育学科
保育学科では、「保育学科のめざす保育者像:子育て支援や福祉を通して、地域に積極的に貢献するとともに自己研鑽し続ける保育者」に共感し、以下のような素養を備えた学生を求めています。
  • 基礎的な学力を身に付けており、保育に関する専門的知識と技能の修得に高い意欲を持っている。
  • 保育における様々な課題に気づき、その解決のために主体性、協調性を持って取り組む意欲がある。
  • 子どもを愛し、誠実で常に相手の立場に立って考え行動できる。
  • 適切な言葉遣いや節度ある行動ができる。
  • 礼儀正しく、明るい態度でコミュニケーションをとることができる。
  • 人として成長するために常に努力することができる。

秘書科
秘書科では、職業人、社会人として必要な能力や態度を育成するために、入学者には以下のことを求めます。
  • 高等学校等における基礎的な知識、特に国語・数学・英語などの基礎的学力を身に付けている。
  • 同年代の人や教職員、社会人など、様々な人々とコミュニケーションをとることができる。
  • 様々な課題について自ら気づき、よりよく解決するために挑戦することができる。
  • 目標に向かって前向きに努力することができ、同年代の人や教職員、社会人など、様々な人々と協力して責任を持って物事に取り組むことができる。
  • ビジネスや医療事務、サービスに関する専門知識や実務技能を身に付けたいという目標がある。
  • 社会人としての基本的なマナーや品位を身に付けたいという目標がある。
入学者選抜方針
学力だけでなく、受験生の資質を多面的に判定するため、本募集要項に示すとおりの多様な入試区分を設定し、本学への入学を強く希望する人を求めています。

高松大学・高松短期大学
〒761-0194 香川県高松市春日町960番地 TEL:087-841-3255

COPYRIGHT(C)THE REGENTS OF TAKAMATSU UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.